結婚相談所っていつからあるの?

インターネットの普及、そしてスマートフォンの台頭で一気にブームになった婚活サービスですが、結婚相談所は最近出来たものではなく、実はその歴史は長いのです。
実際いつぐらいからあるか皆さんご存知ですか?

仲人・結婚相談所の起源

歴史を調べてみると、鎌倉時代から「仲人」という人がいて、婚約の仲介をするという仕事がありました。 当時は戦争で夫を失ってしまった女性に新たな男性を相手を紹介するという国策だったようで、これが現代の結婚相談所の起源だとも言われているそうです。 起源は悲しくも戦争を起因とした人口減少に対する国策だったんですね。

お見合いの始まり

「お見合い」という名称を使うようになったのは、江戸時代の中期から後期頃と言われています。
男女それぞれの仲人が、お見合いの場を提供していたと言われており、江戸時代の結婚相談所は「肝煎(きもいり)所」と呼ばれており、武士から町人まで、幅広い階級の人たちが利用していました。
結婚を斡旋する「慶安」という組織があり、なんと「大和慶安」という町のお医者さんが縁結びに力をいれていたそうです。
本格的に結婚相談所が誕生したのは、明治13年(1880年)大阪で、山口吉兵衛が当局から許可をもらい「養子女婿嫁家妻妾縁組仲媒取扱所」という、現代でいう結婚相談所を開いたことが起源とされています。
わかりづらい名称ですが、要は「仲人業」と言う事みたいです。 当時も時代背景として、幕末の戦争で若い男性が減ったこと、大都市への人工集中がありニーズが高かったそうです。
その後第二次世界大戦があり、このときも若い男性が減り全国での婚姻数が減少し、昭和8年(1933年)に東京に初の公立の結婚相談所が開設されました。

現在はインターネット・AI・オンライン化など、あらゆる技術が人々の出会いを支えていますが、結婚相談所は人口減少の対策として国策で動いていたんですね。
晩婚や少子化が社会問題になっている現在、結婚相談所が今改めて注目され、より手軽な存在として再注目されているのは歴史の流れなのかも知れません。