こんにちは😊

NADESICO MARRIAGE カウンセラーの田上です✨

今日は、【女性版】お見合いが決まるプロフィールのテーマです❗

前回は男性のプロフィール作成についてお伝えしましたが、

今度は女性のプロフィールをさせていただきます🙋‍♀️

流れやどのような内容かは男性版でお伝えしましたので、

作成のポイントと写真の撮り方についてお伝えしようと思います❗

ネガティブな言葉をポジティブな言葉へ変換した方が良いと前回もお伝えしましたが、これは結婚に対する内容を記載するときも同じです✨

・・・

●結婚相談所入会したきっかけ

プロフィールに結婚相談所に入会したきっかけを入れる場合、結婚に対して前向きな気持ちを書くことが大切です🙋‍♀️

例①:仕事ばかりして、婚期が遅れてしまいました。独身でいるのが嫌で、結婚相談所に入りました

これでは、とても結婚に対して後ろ向きで嫌々婚活していると思われてしまいます。それではお見合いを申し込もうとはなかなか思いません…💦

例②:これまで仕事に打ち込んできましたが、ふと友人夫婦の幸せそうな笑顔を見て結婚して幸せな家庭を築きたいなと思い、結婚相談所への入会を決めました

例②の方がとても温かみのある人柄があり、結婚や家庭を大事にしたいと思う方なのだろうなと感じます。その雰囲気から穏やかで温かい家庭を想像し、お見合いに発展すると思います😊✨

●自己PR作成

自己PRでも、結婚観について触れた方が良いです🙋‍♀️

相手に理想・条件ばかりを求めるのはあまりよろしくないです😖

何個も書いたり、細かく書いたりすると「相手への要求が多いこだわりが強い人なんだなぁ…」と相手が感じてしまいますので、さりげなく文章に入れることをお勧めします❗

例➂:早く結婚して子どもが欲しいので、育児に積極的な人が良いです。家事はお互いが負担するべきと思うのでよろしくお願いします。

もちろん、家事や育児に積極的で分担はするべきだと思いますし、大事なことだと思います。しかし、「○○すべき」という言い方は一方的で押しつけがましい印象を受けてしまいがちです😢

例④:結婚後は、お互いを尊重し支えあいながら、おだやかで笑顔の絶えない家庭を作っていきたいです、よろしくお願いします。

「お互い」「一緒」「共に」という言葉を入れることによって、読み手に結婚を連想させることができます💑

お見合いにつながるようなプロフィールが出来ると良いですね❗

写真の撮り方については次回にします🙋‍♀️